講座内容のご案内 1日目詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は、講座内容の詳細について少し説明させて頂きます。

大体の内容は当サイトにも記載してあるのですが、ざっくりとですが詳しく説明しようと思います。

講座内容詳細 1日目

WordPress1ヶ月講座の1日目のカリキュラムは以下の様になっています。

ホームページを作りながらワードプレスの基本操作を学ぶ。

1日目

  1. サーバー契約・ドメイン取得(サーバー設定・ネームサーバー変更設定含む)
  2. ワードプレスの基礎知識
  3. ワードプレスの管理画面の見方
  4. ワードプレスの基礎設定
  5. サイトマップの考案と作成(より深い構成は宿題になると思います。)
  6. サイトの型を組む
  7. メインカラーを決める
  8. メニューの作成
  9. Topページのに少し要素を入れてみよう

それでは早速見ていきましょう!

サーバー契約・ドメイン取得(サーバー設定・ネームサーバー変更設定含む)

ドメイン取得

ホームページ(以下サイト)を持つには、まずドメイン(インターネット上の住所の様なものです。)を取得しなければなりません。

既に持っている方はここはもうクリアですが、講座を受けられる方は初めてのご自身のサイトと思いますので、まず最初にドメインの取得を行います。

ドメインを取得できる会社はたくさんあるのですが、当講座では、お名前.comを主に利用させていただいております。

ドメイン取得の際には、whoish情報の開示代行を行ってもらう様に注意して進めましょう。

 

レンタルサーバーの契約

サイトを保持、運営するに当たり、もう一つなくてはならいものとして、レンタルサーバーを借りて頂く様になります。

このレンタルサーバーは、サイトのデータを預けて置くための倉庫の様なものです。

この倉庫に、サイトのデータや、画像、ブログの記事(データベースというものも出てくるのですが、割愛します。)などをサーバーに入れ込むことでインターネットで閲覧できる様になります。

当講座では、さくらレンタルサーバーを主にご案内しております。

この二つを最初の1時間くらいの時間を使って契約、設定を行います。
(設定には、ネームサーバーの変更なども含まれます。ネームサーバーについては当日ご説明致します。)

お名前.comドメイン取得方法とさくらレンタルサーバーの申込みについての記事はこちら

 

ワードプレスの基礎知識

続きまして、Wordpressの基礎知識を学んで、制作過程がスムーズに行く様Wordpressの仕組みなどを理解して頂く過程へと進みます。Wordpressは、世界で最も利用されているオープンソースのブログサービスです。「世界で最も」という事で、サイトのカスタマイズや、エラーの解消法などなどたくさんのエンジニアや、利用者がインターネット上に情報を掲載しているのも安心してお使い頂ける要素となっています。

Wordpress1ヶ月講座WWorks

 

WordPressを使ってサイト制作を始める前の準備としてサーバへのインストール作業があります。

どんな事ができるのか?など説明をしながら、このタイミングでレンタルサーバにWordpressをインストールし、みなさんそれぞれのパソコンで使える状態にします。

次はいよいよサイトの管理画面がご自身のパソコン上に表示されます!

 

ワードプレスの管理画面の見方と基礎設定

ご自身パソコン上にWordpressの管理画面が表示されていると思います。

すでにこの時点で、予め入れてあるテーマでサイトが表示されています。

ここでは、この管理画面の見方や扱い方を大まかにご説明致しますので、どんどん触っていじって少しでも馴れて頂ける様ご説明致します。

これが管理画面です。

wordpress1ヶ月講座 WWorks

左側にある管理メニューの説明をしていきます。

基礎設定

操作に馴れてきたところで、サイト制作の基礎設定の準備をしましょう!

まず、テーマのダウンロードを行いテーマを有効化します。

利用テーマ:Lightning http://lightning.vektor-inc.co.jp/ja/

WordPressの公式テーマです。もちろん当サイトもこのテーマを使用しています。

このテーマをより使いやす様にカスタマイズしながらサイトを作っていきますので、まずはその準備となります。

子テーマを作って有効化しましょう!

WordPressを使ってサイト運営を行っている方であれば、一度は耳にした事があると思う、この子テーマ。テーマをカスタマイズする為にとても重要な工程です。

子テーマとは…親テーマの設定を維持したまま必要な部分にのみ設定を加える事が可能になるという、文字通り子供のテーマのことを言います。

この子テーマを有効化する事で、テーマ本体のスタイル(CSS)をいじらずにカスタマイズする事が出来ます。

どうゆう事か簡単にいうと、テーマ本体の各設定を基本にいじりたい、カスタマイズしたい部分だけ書き込む事で、変更したい部分にのみスタイルを反映させる事が出来る様になるのです。

テーマ本体にカスタマイズをしている場合、本体のアップデートがあった場合上書きされて、今までカスタマイズした内容が消えてしまうという事が起きるのです。

と言う事で、ここでは子テーマを使った基本設定を行い、学びながらサイトの設定をしていきます。

 

サイトマップの考案と作成(宿題になると思います。)

ここでのサイトマップとは、サイトの構成を意味しています。

wordpress1ヶ月講座WWorks sitemapの画像

ここではサイトの構成の基本を学び、訪問される方がわかりやすく、見がいのあるサイト構成を作る準備をします。

気を付ける事や、理想の構成などを学びサイトの構成をします。より深くしっかりとした構成については次回の講座までに個々にサイトの構成を考えて来てもらう様宿題となります。

 

サイトの型を組む

続きまして、いよいよ管理画面からサイトの外枠を組んでいきます。

しっかりとした構成は宿題となっている為、ここでは、Homeや問い合わせなど大まかな外枠(サイト構成)を組んでいきます。

外枠に入れ込んだページはサイト一覧で確認出来る様になります。(画像参照)

wordpress講座WWorks ページ一覧画面

 

メインカラーを決める

続いては、サイトのメインカラーを決めて自分のイメージに近づけていきましょう!

ここでの設定は、基本的なカラーとなります。ヘッダーの線や、メニュー・見出しなどサイトのイメージカラーを設定します。操作方法を学び、ご自身で色々と変更してみましょう!

カラーを変えることで、ガラッとサイトイメージを変える事も出来ます。

操作を覚えてしまえば、いつでも変更できるので色々変更してご自身のイメージにより近い色を設定してみましょう!

 

wordpress講座WWorks カラー編集

 

メニューの作成

ここまでで、すでにサイトの形はかなり出来ています。

先ほど設定した大まかな外枠をメニューとして設定する事で、サイトを表示した際に各ページへ飛べる様になります。

メニューの設定方法を覚えて、宿題の構成をご自身で設定してみる事も出来る様になります。

wordpress講座WWorks メニュー画面

 

Topページのに少し要素を入れてみよう

いよいよ講座1日目も最終です。

トップページに要素を入れ込んで、ここまでで設定した内容と合わせ表示して確認してみましょう!

入れる内容は自由ですので、文字を入れたりして確認してみましょう!

wordpress講座WWorks ページ編集画面

表示してみると

wordpress講座WWorks ページ確認画面

の様になっているはずです。

このほか画像を入れたり、様々な要素を入れ込んで試してみましょう!

 

講座1日目まとめ

WordPressのサイト作りの講座内容をざっくりと説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

まだまだ、覚える事がたくさんあると思いますが、まずはご自身で設定した内容が、サイトに反映されていく楽しさを感じて欲しいと思っています。

当講座では、サイトを作る為のたくさんの工程を出来るだけ駆け足でなく、理解しながらしかも短期間で覚えて頂けるように丁寧にご説明していきます。

講座と講座の間に一週間の期間がありますので、その間にご自宅で復習しながらさらにいじってみて下さい。

参加ご希望の方はこちら

1Month WordPress講座のお申込みお問い合わせ

WordPress 1Month Lessonのお申込みご予約はこちらから

開催場所は主に埼玉県所沢市にて行っています。お近くの方は是非!

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

コメントを残す