サイト制作をする上で必要な事気にしておきたいポイントは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、これからサイト作りをする上で必要なこと。気にしておきたいポイント。を書きたいと思います。

 

一番大事なことは何??

サイトを制作する上で、何を大事に作っていけば良いのか?

折角自分のサイトを持つのであれば、たくさんの人に見てもらいたい!誰もが作る際に思うことであり、気にするポイントだと思います。

ですが、実際作って行く過程において、やはりデザインをカッコ良くしたい!という事も思いますよね?

デザインがかっこいいサイトは目を引きますし、自分でも何度も見たくなります。

サイトのデザインをかっこ良くする事ももちろんとても大事な事だと思います。

では、本当に大事な事とは何でしょうか?

確かにサイトの見た目デザインはととても大事です。しかし、もっと大事なことがあるのです。

そのもっと大事な事に焦点を合わせて見ていきましょう!

誰にサイトを見てもらいたか?

ホームページを掲載し始めて、誰に一番見てもらいたいか?

この「誰に見てもらいたいか」これこそがサイト制作において一番と言っていいほど大事になってきます。

Googleでもアクセシビリティ、モバイルユーザビリティやモバイルフレンドリーと言った具合に、サイトを閲覧するユーザー(お客様)に対しての配慮に注目しサイト評価の要素としています。

Googleにとっても世界のユーザーはお客様な訳ですね。

それを自身のサイトにも考慮し、サイト構築をしていく事でGoogleに対しても優良なサイトですよ!とアピール出来るのです。

自分で行なっている事業の内容や、伝えたいお知らせ、ブログに記事など、やはり一番お客様に見てもらいと思います。

お客様に見てもらう為に、いつも見ている方、読んでくれている方へ向けた配慮を心がけて作っていくことが大事ですね。

 

では、ユーザーに対しての配慮とは一体どんな事なのかを見ていきましょう。

レイアウトや、文字サイズなど要素はたくさん

アクセシビリティ・ユーザビリティ・モバイルフレンドリーという言葉が出てきましたが簡単にいうと

アクセシビリティ=「アクセスのしやすさ」

ユーザビリティ=「使いやすさ」

モバイルフレンドリー=「スマホでの見やすさや使いやすさ」など

こういう事です。

各要素やコンテンツへのアクセスのしやすさや、使いやすさ、見やすさとこれらを満たす為の工夫はたくさんあります。

ここでは一般的にアクセシビリティやユーザビリティなどを満たせていない悪い例をあげて見てみましょう。

サイト制作で気をつける事(悪い例)
    • 見たいコンテンツが見つからないレイアウトやデザイン
    • どこを見たら良いのかわからないほどの複雑な、深いサイト構成
    • フラッシュや、思い画像、装飾のしすぎで表示スピードが遅い
    • お知らせや情報が「気づく場所」にレイアウトされていない
    • ナビゲーションに気付かず他ページへの移動ができない
    • 文章ばかりや画像ばかりで読みにくい。

などなど。。。

リストに載っている要素を自分のサイトに当てはめて見て該当するようでしたら見直しが必要ですね!

これからサイトを作ろうとしている方は、これらの要素を最初から考慮しサイト構造や、レイアウトなどに気をつけて作っといく事で、見ている人に配慮した優良なホームページ(サイト)になっていくというわけです。

デザインと機能・実用性ではどちら?

はい、両方が理想です!

ここで言うデザインというのは、色の使い方や、画像の大きさ、各コンテンツ要素などの配置レイアウトを指しています。
とにかく装飾装飾でアニメーションになっていたり、スクリプト系の動作を入れ込んで表示やアクセスが遅くなってしまっては元もこうもありません。

見てもらいたいお伝えしたい要素がどこにあるのか?

ここを見てもらったら次はこれを見て欲しいなど、ある程度の動線なども考慮してリンクのボタンを配置したりと様々な状況を考えながら、ユーザー(お客様)にストレスのないデザインや配置レイアウトが理想です。

要素の配置や見易さを考慮したレイアウト

上の画像は、現在のビジネスサイトにおける一般的(?)なレイアウトですが、お客様に見てもらいたい事、伝えたい事、新しいサービスや、キャンペーンの内容などTopページで大体の概要がわかり、そのページ・コンテンツへの動線がわかりやすくなっていますね。

さらに、「詳しく見る」「「詳しくはこちら」などのボタンを配置する事で、機能性に合わせてアクセシビリティ(アクセスのしやすさ)にも配慮したサイトを作る事が出来ます。

ここに、デザイン性という面で工夫をする事で、フラッシュやアニメーションを多用して装飾しなくても、綺麗で見やすい良いデザインという印象をユーザーの方々に持ってもらう事が可能です。

ボタンの色や、テキストの色、リンクテキストの色など配色に気をつけて見栄えの良い綺麗なデザインのサイト作りをして見てはいかがでしょうか。

一番大事な事=見てくれるお客様への配慮を心掛けたサイト作りです。

まだまだたくさんお伝えしたい事はあるのですが、今回はこの辺で終わりにさせて頂きます。

 

1Month WordPress講座のお申込みお問い合わせ

WordPress 1Month Lessonのお申込みご予約はこちらから

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

コメントを残す